FC2ブログ

プロフィール

YCDbochibochi

Author:YCDbochibochi
八重山の生き物好きが高じて、琉球犬MIXと暮らしはじめ、里親募集の手伝いをするようになり、更に八重山の犬の里親さんの親睦の場を創れないかなと思い、2014年大晦日、思いつきで「YCDなんくる倶楽部」を創りました。強力な里親さん達との共同運営ブログです。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

宗介くん医療費支援のお願い

 去勢手術に行ってはみたけど、麻酔の前の鎮静剤で脈拍が落ちて粘膜真っ白になった宗介ですが…その後、仔犬と遊んでいて「気絶する」事件がありました。
 その後も元気がなく、気絶したのはてんかんかも?という疑いも捨てきれなかったので「もうタマタマ付いたままでいいから死なないで~」とフィラリア治療の経験がある動物病院に昨日行きました。
DSC_0043.jpg
(「お薬は残さずちゃんと飲んでくださいね」「え~っっっ」)

 フィラリア親虫がたくさん肺動脈にいて血流が悪くなっていて、心臓にも負担がかかっているので、まずフィラリアの治療からすることになりました。気絶したのもフィラリアのせいでした。

 簡単に言うと、まず血流がよくなる薬(アスピリン)とフィラリア親虫と共生しているボルバキア菌を弱らせる薬(ビブラマイシン)(共生菌が弱るとフィラリアも弱る)を飲んでからフィラリア予防薬(陰性の犬が飲むのと同じ薬)を飲んで…という治療を毎月繰り返す。(というと物々しいですが、毎月予防薬の前に別の薬を飲むだけ。陰性になるまでは年単位ですが、それ以前に手術に耐えられる体調になる可能性もあります)

 同時に、激しい運動は控えて歩き散歩だけにして、栄養のあるものを食べる。ということになりました。

 年齢は「そんなにピチピチ若くはないね」ということで、とりあえず7歳くらいかな?ということにしました。

 停留睾丸(カタキン)のことは、体調が好転してからまた考えます。片方は腹腔内のどこかにあるか、またはないかも分かりません。
 瞼のイボは良性だけど切除は麻酔が必要なので、これも保留。

 沖縄はほぼ通年蚊がいるので、保護した成犬がフィラリア陽性なのは珍しいことではなく、たいていは寄生数も少なくて、予防薬を飲み続けて陰転するのを待てばよく、運動も普通にできます。陽性だから麻酔が使えない、避妊去勢ができないほどというのは、陽性犬100頭いて1頭くらい。寄生数というより元々の体質も関係していると思います。宗介も心臓は肥大はしているけど、気絶するほどではないのに何故?ということでした。

 ということで、まだ里親募集できる体調ではないので、しばらくは、あんこ家に下宿して安静にすることになりました。

 そこで問題なのが、治療費です。普段はフリマとご好意のカンパと自腹で保護費用をまかなっていますが、宗介については、保護期間と治療が長引くことが予想されますので、心苦しいですがご支援をお願いしたいと思います。
 目標額は5万円。使途は当面のフィラリア治療の医療費です。(目標額に達しましたら終了します)

 いつもお願いしている協力病院ではフィラリア治療の経験がないため、経験がある動物病院に通常料金で通います。

 イベントでも「宗介くん募金箱」を設置させていただきます。「支援してもいいよ」という方は下記まで振込みにてお願いします。
(支援のお願いは終了しました)
 
 一口幾らということはありませんが、振込はできれば1000円くらいからお願いできればありがたいです。
 フリマの売上は従来どおり、全ての保護犬に使います。お願いばかりですみません。

 宗介くんは沖縄の保健所に収容されたとき比較的きれいな青い首輪がついていたので、放し飼いの飼い犬なのは間違いありません。万全な飼い方ではなかったにしろ。とても温和な性格で、それほど痩せてもいなかったし、可愛がられてはいたはず。見知らぬ
寒波の大阪に来ず、温暖な気候のなかで暮らし続けたら、倒れることもなく、短いなりに幸せな一生を過ごせたかも。今更言っても仕方ないけど、犬は飼ったら最後まで面倒みてほしいです。


 ★2月24日(日)は寝屋川市の(株)アド・センで譲渡会をします。https://www.pet-home.jp/event/ecg_1/detail_6489/
 宗介は欠席ですが、熊吉とライラは避妊去勢の抜糸も済んで、元気に参加します(^_^)/
  kagawa.dog.catさんからは2~3カ月の中型犬仔犬たちと、6か月くらいまでの仔犬たちと、オトナ犬が参加。また、高齢飼主さんの死去で取り残された四国犬(オス)が来ます。血統書紛失のようですが、由緒正しい四国犬です。
shikoku1.jpg
(これは以前の写真。今は保護主さんの自宅に保護されています)

愛好家のかたの目にとまるといいな。(ちなみに名前は「ちびちゃん」デカいけど)

ブログランキングに参加しています。
一日1回クリックして応援してください

にほんブログ村

テーマ : 里親探し - ジャンル : ペット

<< 2/24参加犬追加~ | ホーム | 譲渡会、無事終わりました >>


コメント

宗介くん

1月末寒い中やって来て、最初はゲージに引き込んでしまいそうなので、積極的に触れあうようにした所3日もすればアッサリと愛玩犬に変身しました。
そんな宗介くんが去勢が出来ない中、譲渡会前日に参加予定の仔犬ちゃんがやって来て、遊ぼう!遊ぼう!と追われた後に1回、ソファーに休んで居た時にもいきなり“ボテ”っと倒れ込み虫の息...。1〜2分で起き上がるもののビックリ❗️
せっかく救われた命ですから、こんな所で失わせる訳にはいけません。皆様の力をお借りして、もう一度元気に走らせてやりたいと思います。

ククル(うたちゃん)も抗生剤とフィラリア予防薬で治療中です。いつもは提案があって、するかしないかと聞く先生が『治療始めましょう』でした。心音とかで感じる事があったのかもです。結構な費用にクラクラします。フィラリア予防をしない人は治療しないし、治療をするような人は予防薬を飲ませるから、フィラリア治療は、保護犬を里親にされる方が増えてきてからの事なので、どうすればどうなるとかのデータ(統計?)がないそうです。ククルも頑張ってるので宗介くんも頑張って欲しいです。副作用とか出ないように祈ってます。

Re: 宗介くん

あんこパパさん…宗介くんのお世話や通院、本当にありがとうございます。そういえば、木曜日の夕方4時半に救われた男ですし、「色々抱えてこの年までどっこい生きているって、そりゃあ生命力強いよ」というコメントも来てました。たしかに。降りているほうの睾丸が腫れているので、一日も早く麻酔できる状態になってほしいですね。お水は、冬場は冷たくないのを少量ずつ飲ませるのが心臓の弱い犬にはいいらしいです。

Re: タイトルなし

maさん…ありがとうございます。いつもインスタ読み逃げしてます。大阪ではフィラリアを診たことがない若い獣医さんも多いそうです(保護犬を診てくれてる獣医さんも)。6年くらい前からの経験では、(私が保護するのはほぼ若い犬なので)合う予防薬があれば、気長に12か月飲んで数年の虫の寿命を待つのですが、たまに、虫の居所が悪くて、気長に待てないケースもあるようです。宗介は今のところ内服薬には至って強いようです。麻酔ができないので、腫れている睾丸が現状を維持しているうちに麻酔ができる状態になってほしいところです。数年前に、「虫多め」で一回心臓に虫が入ってきて血尿が出た卒業犬も今陰性になっているので、フィラリア「だけ」ならば、今の医学で勝てると思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム